按針亭(あんじんてい)
あん じん てい
漢詩の例示
更新 2016-03-18    
漢 詩
和 歌
俳諧歌
俳 句
俳 文
近代詩
散 文
構成吟
作者 吟題 吟じ出し
李  白 早に白帝城を発す 朝に辞す白帝彩雲の間、千里の江陵一日に還る
李  白 峨眉山月の歌♪♪ 峨眉山月半輪の秋、影は平羌江水に入って流る
李  白 静夜思 牀前月光を看る、疑うらくは是れ地上の霜かと
杜  甫 春望 国破れて山河在り、城春にして草木深し
杜  牧 江南の春 千里鴬啼いて緑紅に映ず、水村山郭酒旗の風
杜  牧 山行♪♪ 遠く寒山に上れば石径斜なり、白雲生ずる処人家有り
張  繼 楓橋夜泊 月落ち烏啼いて霜天に満つ、江風漁火愁眠に対す
王  維 元二の安西に使するを送る 渭城の朝雨軽塵をうるおす、客舎青青柳色新たなり
菅原 道眞 九月十日♪♪ 去年の今夜清涼に侍す、秋思の詩篇独り断腸
上杉 謙信 九月十三夜 霜は軍営に満ちて秋気清し、数行の過雁月三更
廣瀬 淡窓 桂林荘雑詠諸生に示す(休道) 道うことを休めよ他郷苦辛多しと、同袍友有り自ずから相親しむ
賴 山陽 不識庵機山を撃つの図に題す 鞭声粛粛夜河を過る、暁に見る千兵の大牙を擁するを
良  寛 無欲 欲無ければ一切足り、求むる有らば万事窮す
新島 襄 寒梅♪♪ 庭上の一寒梅、笑って風雪を侵して開く
佐佐 友房 吉次峠の戦い♪♪  君見ずや吉次の険は城よりも険なり 突兀空を摩して路崢嶸 
   「イラスト付絶句百選 吟詠教本」紹介   
信玄と謙信一騎討ちの像(川中島古戦場)
信玄と謙信一騎討ちの像(川中島古戦場)
桂林荘由来(大分県日田市豆田町桂林荘公園)
桂林荘由来(大分県日田市豆田町桂林荘公園)