按針亭(あんじんてい)
あん じん てい
俳諧歌の例示
更新 2016-03-18    
漢 詩
和 歌
俳諧歌
俳 句
俳 文
近代詩
散 文
構成吟
作者 吟題 吟じ出し 
藤原兼輔朝臣 七月六日たなばたの心をよみける いつしかと またく心を はぎにあげて 
小林 一茶 老木桜♪♪ 或る山寺にうつろ木の一なん有ける (中略)
浅ましの 老木桜や 翌が日に
 
小林 一茶 翌もあり  翌もあり あさてもありと 露の世の 
小林 一茶 直なるも 直なるも 曲がるも同じ 世の中ぞ
小林 一茶 降りながら 降りながら 水と成行 淡雪の
小林 一茶 念佛坊  追風や 後ろめたくも 阿みだ笠
小林 一茶 老の身は 老の身は 寒さまけして 何一つ 
  「俳諧歌撰」~吟詠教材シリーズ1~  

俳諧歌とは
以上、2015-5-10 改訂
俳諧歌撰~日本詩吟学院 吟詠教材シリーズ1~
以上、2015-5-5 改訂