按針亭(あんじんてい)
あん じん てい
俳文の例示
更新 2016-03-31    
漢 詩
和 歌
俳諧歌
俳 句
俳 文
近代詩
散 文
構成吟
作者 吟題 吟じ出
松尾 芭蕉 奥の細道(平泉の一節) さても義臣すぐってこの城にこもり、功名一時のくさむらとなる
松尾 芭蕉 『おくのほそ道』より「最上川」 ♪♪ 最上川は陸奥より出でて 山形を水上とす
松尾 芭蕉 銀河の序 越後の国出雲崎といふ処より、佐渡島は海上十八里とかや
松尾 芭蕉 『おくのほそ道』より「金沢」 ♪♪ 卯の花山・くりからが谷をこえて