按針亭
更新 : 2016-03-18
紹介   CD 「若山牧水の歌」 朗詠と解説(塩月眞) 若山牧水延岡顕彰会 2008年6月 企画制作


CDカバー表写真

CDカバー(表)
左CDカバー表写真の裏側に印刷された塩月眞(しおつき ただし)プロフィール
CDカバー(裏)

短歌は、若山牧水が残した約8800首のうち、歌集15冊から各1首および父母と故郷を想う作品を加えて21首を選んで収録し、長歌は、ただ1つ詩碑が建立されている「枯野の旅」を選んで収録

朗詠は、各作品に込められた作者の思いをどう伝えるかを第一に考えて詠じ、解説は、作成時の牧水の心境と作成場所の情景を想像して貰うよう語ったつもりという

朗詠と解説の塩月眞氏は、若山牧水延岡顕彰会の会長、何れの詩吟(吟詠)団体にも所属して
いないとのこと

関連書籍 : 塩月眞著「牧水の風景」


収録作品紹介     作品毎に、塩月眞(しおつき ただし)氏の朗詠に、解説が続く
   

収録作品
(益社)日本詩吟学院
吟詠教本収載頁
(サイト内リンク)
01
はじめに
 
02
日向の国むらたつ山のひと山に住む母恋し秋晴れの日や
 
03
幾山河越え去り行かば寂しさの終てなむ国ぞ今日も旅ゆく
和歌篇下巻116頁
04
日向の国都井の岬の青潮に入りゆく端に独り湖見る
 
05
白鳥は哀しからずや空の青海の青にも染まずただよふ
06
けふもまたこころの鉦をうち鳴らしうち鳴らしつつあくがれて行く
和歌篇下巻124頁
07
父の髪母の髪みな白み来ぬ子はまた遠く旅をおもへる
 
08
ふるさとのお秀が墓に草枯れむ海にむかへる彼の岡の上に
 
09
白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけれ
和歌篇下巻224頁
10
ふるさとの尾鈴の山のかなしさよ秋もかすみのたなびき居り
ì 
11
わが庭の竹の林の浅けれど降る雨見れば春は来にけり
 
12
石越ゆる水のまろみを眺めつつこころかなしも秋の渓間に
 
13
それほどにうまきかと人のとひたらばなんと答へんこの酒の味
 
14
しみじみとけふ降るあめはきさらぎの春のはじめの雨にあらずや
 
15
聞きゐつつたのしくもあるか松風の今は夢ともうつつともきこゆ
 
16
うすべにに葉はいちはやく萌えいでて咲かむとすなり山桜花
 
17
人妻のはしきを見ればときめきておもひは走る留守居する妻へ
 
18
若竹の伸びゆくごとく子ども等よ真直ぐにのばせ身をたましひを
 
19
故郷に帰り来たりて先づ聞くはかの城山の時告ぐ鐘
 
20
黒松の老木のうれぞ静かなる風吹けば吹き雨ふれば降り
 
21
なつかしき城山の鐘鳴りいでぬをさなかりし日聞きしごとくに
 
22
おとなりの寅をぢやんに物申す長く長く生きてお酒のみませうよ
 
23
長詩 枯野の旅
24
わが小枝子思ひいづればふくみたる酒のにほひの寂しくもあるかな
 
25
さびしさのとけてながれてさかづきの酒となるころふりいでし雪
 
26
かんがへて飲みはじめたる一合の二合の酒の夏のゆうぐれ
 
27
時をおき老樹の雫おつるごと靜けき酒は朝にこそあれ
 
28
山ねむる山のふもとに海ねむるかなしき春の国を旅ゆく
 
29
鶸繍眼児燕山雀啼きしきり桜はいまだ開かざるなり
 
参考サイト


若山牧水の生誕地・宮崎県日向市
「東郷町牧水顕彰会」のサイト
牧水顕彰会サイトへのリンクバーナー
若山牧水が青春時代を過ごし
短歌を詠み始めた土地・延岡市
若山牧水延岡顕彰会のサイト


若山牧水の終焉地
静岡県沼津市
「沼津市若山牧水記念館」のサイト